障害者雇用のおすすめ入門本ランキング11選!【2021年】

2021-03-25

障害者雇用のおすすめ入門本ランキング11選!【2021年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

障害者雇用とは、障害者の人も一般企業で働きやすいように国が用意している法制度です。

この記事では、障害者雇用についての知識を深めて実生活に役立てたい人向けに、「障害者雇用のおすすめ入門本」を紹介します。

障害者雇用の本を探している人はぜひ参考にしてください。

障害者雇用のおすすめ入門本11選!

障害者雇用のおすすめ入門本を11冊ご紹介します。

会社を変える障害者雇用 人も組織も成長する新しい職場づくり

会社を変える障害者雇用 人も組織も成長する新しい職場づくり」は、支援策を徹底解説した本。

障害者雇用の意義や、採用・活躍・定着支援策など、障害者雇用について詳しく解説されています。

障害者雇用を成功するための秘訣が凝縮ので、組織の経営者、人事担当者、管理職の立場にあるような人におすすめの本です。

改訂版障害者雇用の実務と就労支援

改訂版障害者雇用の実務と就労支援」は、の障害者雇用への取組み方やコツがわかる本。

日本の障害者雇用制度の仕組みや経緯や、合理的配慮提供プロセスなど、障害者雇用について詳しく解説されています。

企業での障害者雇用の実践について書かれているので、参考にしたいような人におすすめの本です。

本書を読まずに障害者を雇用してはいけません!

created by Rinker
¥1,540 (2021/09/20 12:12:11時点 Amazon調べ-詳細)

本書を読まずに障害者を雇用してはいけません!」は、職場で役立つ解決法を解説している本。

障害者雇用や、実務に役立つ解決法など、障害者雇用のノウハウについて詳しく解説されています。

経験談に基づいて書かれているので、障害者雇用に悩みを持っているような人におすすめの本です。

障害者雇用を成功させるための5つのステップ

障害者雇用を成功させるための5つのステップ」は、障害者雇用を成功させるための秘訣について書かれている本。

障害者理解や、職場定着など、障害者雇用について詳しく解説されています。

大事なポイントが書かれているので、障害者雇用に悩めを抱えているような人におすすめの本です。

発達障害の人の雇用と合理的配慮がわかる本

created by Rinker
弘文堂
¥2,090 (2021/09/20 12:12:12時点 Amazon調べ-詳細)

発達障害の人の雇用と合理的配慮がわかる本」は、発達障害のある人への会社の対応と心構えを説いた本。

採用面接や、就労開始直後から就労定着など、それぞれのシーンで発達障害の人が障害特性ゆえに抱える困りごとと必要な配慮について詳しく解説されています。

発達障害の人へのサポートの仕方が説明されているので、支援者、人事、上司、同僚をはじめ「職場の発達障害」を支えているような人におすすめの本です。

障がい者の就活ガイド

created by Rinker
¥1,980 (2021/09/20 12:12:13時点 Amazon調べ-詳細)

障がい者の就活ガイド」は、「障がい者の就活ガイド」は、障がい者のための実践的就活本。

求人の探し方や、相談できる機関や制度など、障がい者の就活に役立つ情報について詳しく解説されています。

ノウハウをわかりやすく解説していますので、これから就活を始めるような人におすすめの本です。

これからの発達障害者雇用

これからの発達障害者雇用」は、人事経験豊かな、発達障害専門のキャリアカウンセラーによる、障害者雇用への実用的なアドバイスが書かれている本。

発達障害者の特性の見極め方と活かし方、就労支援機関との付き合い方などを具体的に提示し、企業の発達障害者の積極的な雇用の価値について詳しく解説されています。

発達障害者の採用から働き方まで、障害者雇用への実用的なアドバイスが書かれているので、障害を持っている方を採用する企業や、積極的に雇用を考えているような人におすすめの本です。

日本一元気な現場から学ぶ積極的障がい者雇用のススメ

日本一元気な現場から学ぶ積極的障がい者雇用のススメ」は、障がい者を知るための本。

障がい者雇用の現実や、障がい者就労支援施設など、障がい者雇用について詳しく解説されています。

実体験を元に書かれているので、障がい者雇用にかかわっているような人におすすめの本です。

知的障害者雇用を成功させる8つのポイント

知的障害者雇用を成功させる8つのポイント」は、障害者が職場の中で引き起こす様々なエピソードを交えて、障害者雇用について書かれている本。

障害者雇用を成功させるためのノウハウについて、詳しく解説されています。

知的障害者雇用を成功させる方法が書かれているので、知的障害者雇用の業務に携わるような人におすすめの本です。

現場からみる障害者の雇用と就労

現場からみる障害者の雇用と就労」は、障害者雇用の現実と今後の展望について書かれた本。

障害者雇用の現場における現実や、どのような影響を与えたかなど、障害者雇用の実情について詳しく解説されています。

現場の実地調査の結果をもとに実証的な分析を加えているので、障害者雇用を勉強中な人におすすめの本です。

障害者雇用と合理的配慮日米の比較法研究

created by Rinker
¥8,800 (2021/09/20 12:12:17時点 Amazon調べ-詳細)

障害者雇用と合理的配慮日米の比較法研究」は、障害者雇用促進法が義務づける「合理的配慮」の実質と可能性を、日米の法制度、判例等から明らかにしてる本。

障害者の労働法上の取り扱いなど、各国(アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、日本)の制度の概説について詳しく解説されています。

障害者雇用に関して世界各国と比較して書かれてるので、各国と日本の制度の違いに興味がある様な人におすすめの本です。

まとめ

今回は、「障害者雇用のおすすめ入門本」について解説しました。

障害者雇用について正しい知識を身につけて、雇用する側も雇用される側も、気持ちよく仕事ができる関係を目指しましょう。

では、また。

  • この記事を書いた人

mono

26歳♂首都圏住みの副業会社員/ギークでズボラないい暮らし/ADHD・HSP傾向/将来はサイドFIREでのんびり暮らしたい/楽天経済圏/リベ大生/インデックス・高配当株投資300万/お仕事の依頼はこちら

お金を増やす 転職

おすすめ本 障害者福祉

© 2021 monoblog