企業価値評価のおすすめ本ランキング14選!【バリュエーション】

企業価値評価のおすすめ本ランキング14選!【2022年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

この記事では、企業価値評価について本で勉強したい人向けに、「企業価値評価のおすすめ本」を紹介します。

企業価値評価の本を探している人はぜひ参考にしてください。

目次

企業価値評価のおすすめ本ランキング14選!

企業価値評価のおすすめ本を14冊ご紹介します。

図解でわかる企業価値評価のすべて

created by Rinker
¥2,200 (2022/12/04 23:28:47時点 Amazon調べ-詳細)

図解でわかる企業価値評価のすべて」は、企業価値評価の基本を知るために格好の1冊となる本。

企業価値評価のしくみや、算出の実際、計算する際のポイントなど、企業の価格(企業価値)を知ることについて詳しく解説されています。

M&Aや投資の判断基準として、経営の意思決定に携わる人にとっての必須ノウハウが平易にまとめられているので、経営企画やIR(広報)など関係部門で働く人におすすめの本です。

はじめての企業価値評価

はじめての」は、理論を具体的なビジネスにあてはめて、わかりやすく説明できる研究者と、企業価値評価のスペシャリストがタッグを組んで執筆した本。

企業価値評価の考え方や、企業価値評価のキーワード、クロスボーダー・バリュエーションの基礎など、企業価値評価について詳しく解説されています。

フリー・キャッシュフローと資本 コストをもとに企業価値をどう算出するか、ケースを用いて、じっくりと手ほどきされているので、DCF(ディスカウント・キャッシュフロー)法を学びたい人におすすめの本です。

図解入門ビジネス最新企業価値評価の考え方と実践がよーくわかる本

図解入門ビジネス最新企業価値評価の考え方と実践がよーくわかる本」は、新しい価値基準における評価方法をもれなく解説した本。

企業価値評価の概念や、フレームワーク、海外企業の評価など、企業価値評価について詳しく解説されています。

テクニカルな部分の解説に終始せず、図解と具体的な数値例を示しながら解説されているので、企業価値評価になじみのない人におすすめの本です。

企業価値評価 入門編

created by Rinker
¥2,138 (2022/12/04 23:28:49時点 Amazon調べ-詳細)

企業価値評価 入門編」は、エンタプライズDCF法入門書の決定版となる本。

コーポレート・ファイナンス理論や、企業価値評価の実務など、企業価値評価について詳しく解説されています。

これだけは押さえておきたい最低限の知識や考え方が厳選されているので、企業価値評価を勉強したい人におすすめの本です。

会社売却とバイアウト実務のすべて 実際のプロセスからスキームの特徴、企業価値評価まで

会社売却とバイアウト実務のすべて 実際のプロセスからスキームの特徴、企業価値評価まで」は、売り手側の視点を中心にM&Aを徹底解説した本。

売却先の選定方法、具体的なスキームや、デューディリジェンス、契約上の注意点など、売却価格の算定の仕方について詳しく解説されています。

紹介されることの少ない、ベンチャー企業や独自性の強い高リスク企業の評価に適した手法やシナジー価値の評価まで取り上げているので、自分の会社を売却したい人におすすめの本です。

企業価値評価の実務Q&A

created by Rinker
¥4,620 (2022/12/04 23:28:51時点 Amazon調べ-詳細)

企業価値評価の実務Q&A」は、質疑応答形式で企業価値評価の知識を深めることができる本。

企業価値評価のガイドラインや、判例集など、企業価値評価に関連する話題について詳しく解説されています。

具体的かつ実務的な内容の質疑応答なので、知識を深めたい、仕事で企業価値評価に関わる人におすすめの本です。

新・企業価値評価

created by Rinker
¥913 (2022/12/04 23:28:52時点 Amazon調べ-詳細)

新・企業価値評価」は、ファンダメンタル分析から、企業価値の測定、創造まで、すべて日本企業の事例で読み解いた実践書の最新版となる本。

企業価値評価のためのファンダメンタル分析や、価値の測定、創造など、企業価値評価について詳しく解説されています。

日本企業が直面している課題や現実にもとづいて理解できるよう、できるだけ豊富な国内事例を取り上げているので、企業価値評価を学びたい人におすすめの本です。

企業価値評価 実践編

created by Rinker
¥3,564 (2022/12/04 23:28:52時点 Amazon調べ-詳細)

企業価値評価 実践編」は、DCF法を20のステップで具体的に解説した本。

企業価値評価の実践プロセスや、基本ケース、事業部別ケースなど、DCF(割引キャッシュフロー)法について詳しく解説されています。

DCF法の実践的な使い方を実際の日本企業3社の事例をつかって、徹底的にわかりやすく紹介されているので、DCF法を学びたい人におすすめの本です。

企業価値経営

created by Rinker
¥4,158 (2022/12/04 23:28:53時点 Amazon調べ-詳細)

企業価値経営」は、いま日本企業が取り組まなければならない企業価値経営の全体像を解説した本。

「企業価値経営」分析編や、評価編や創造編など、「企業価値経営」の全体像について詳しく解説されています。

競争力をどう測り、創造するか? ファンダメンタル分析から、企業価値の測定、創造まで、すべて日本企業の事例で読み解いているので、「企業価値経営」を学びたい人におすすめの本です。

企業に何十億ドルものバリュエーションが付く理由 企業価値評価における定性分析と定量分析

企業に何十億ドルものバリュエーションが付く理由 企業価値評価における定性分析と定量分析」は、さまざまなケーススタディを通じて、どのようにすればストーリーテラーが数字を見事に語り、また計算屋が綿密な調査にも耐え得る、より想像力に富んだモデルを構築できるかを記された本。

企業価値評価に欠かせないストーリーや、計算など、企業価値評価における定性分析と定量分析について詳しく解説されています。

数字をめぐるストーリーの効果や問題点、そして危険性を明らかにするとともに、どうすればストーリーの妥当性を評価することができるのか解説されているので、ストーリーがバリュエーションに違いが生まれる理由を理解したい人におすすめの本です。

企業価値評価 第7版 上 バリュエーションの理論と実践

企業価値評価 第7版 上 バリュエーションの理論と実践」は、DCF法による企業価値評価をマッキンゼー・アンド・カンパニーがまとめたファイナンスのバイブルとなる本。

ファイナンスの要点、価値創造の基本原則や、財務諸表の組み換えなど、DCF法の基本について詳しく解説されています。

全体的に引用事例も大幅リニューアルし、訳語も時代に合わせて刷新されているので、最新の企業価値評価を学びたい人におすすめの本です。

企業価値評価 第7版 下 バリュエーションの理論と実践

企業価値評価 第7版 下 バリュエーションの理論と実践」は、DCF法による企業価値評価をマッキンゼー・アンド・カンパニーがまとめたファイナンスのバイブルとなる本。

キャピタルライトな事業の価値評価や、企業価値評価を戦略に反映・実行することなど、DCF法による企業価値評価について詳しく解説されています。

企業価値評価を手軽に実践するためのワークシート「DCF法企業価値評価モデル2020」が付録としてついているので、企業価値評価を実践したい人におすすめの本です。

バリュエーションの教科書 企業価値・M&Aの本質と実務

バリュエーションの教科書 企業価値・M&Aの本質と実務」は、金融業界、ファイナンス業界を解き明かす本。

業界価値評価の基本や、M&Aの基本構造など、基礎から最先端の理論までが図解つきで詳しく解説されています。

実務的な内容が分かりやすく書かれているので、知識を深めてファイナンスの世界で役立てたい人におすすめの本です。

ケーススタディ企業価値評価

created by Rinker
¥3,581 (2022/12/04 23:28:56時点 Amazon調べ-詳細)

ケーススタディ企業価値評価」は、企業価値評価の手法を図解つきでわかりやすく紹介している本。

各業種の企業価値評価の実例や、実際に使われる企業価値評価の手法など、実務的な内容について詳しく解説されています。

実用可能なExcelシートが付属しているので、自分で企業価値評価をやってみたい人におすすめの本です。

まとめ

今回は、「企業価値評価のおすすめ本」について解説しました。

今回ご紹介した本が、企業価値評価の勉強に役立てば幸いです。

では、また。

目次