脳の仕組み・脳科学の勉強におすすめの入門本ランキング10選!

2020-03-12

脳科学の勉強におすすめの本10選!【2020年】
mono
mono
こんにちは、monoです。

脳を鍛えることには、仕事の生産性向上から認知症予防までさまざまなメリットがあります。

脳の仕組みや脳科学の知識を得て実践することは、コスパ良く人生を豊かにする方法と言えるでしょう。

そこで当記事では、

脳の仕組み・脳科学の勉強におすすめの本

というテーマで解説します。

脳の仕組み・脳科学の勉強におすすめの本10選

脳の仕組み・脳科学の勉強におすすめの本を10冊紹介します。

脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方


こちらの書籍では「運動と脳」の関係性を、脳神経科学の視点で解き明かしています。

運動すると気分がスッキリしたり、運動は脳に良いと言われたりしますが、その理由をほとんどの人は知りません。

運動はなぜ脳に良いのかを科学的に知っておくことで、なかなか続かない運動をライフワークにすることができるかもしれません。

脳を最適化すれば能力は2倍になる


脳を最適化して、仕事を正確かつ効率的にこなしたい人におすすめの本です。

精神論で仕事を進めるのではなく、脳の仕組みをきちんと理解して仕事を進めることで、効率的に時間を使えるようになります。

メカ屋のための脳科学入門 脳をリバースエンジニアリングする


メカ屋のための脳科学とあるように、エンジニアを始めとした理系の人を対象に脳科学について書かれた本です。

「脳をリバースエンジニアする」

この言葉にピンと来た人は一度読んでみてください。

つながる脳科学「心のしくみ」に迫る脳研究の最前線


脳と心の仕組みついて、脳科学の観点から書かれた本です。

一昔前だと心は胸にあると思われていましたが、科学の発展により心は脳にあるとわかりました。

脳と心について知りたい方は、脳科学の観点で詳しく解説している本書をお読みください。

脳科学は人格を変えられるか?


こちらは脳と心からさらに一歩踏み込んで、脳と人格について解説された本です。

人格というと少し怖い気もしますが、自分の性格と脳はどのような関係性があるのか気になる人は、一度読んでみると新たな発見があるでしょう。

40人の神経科学者に脳のいちばん面白いところを聞いてみた


脳科学の神秘について知りたい人におすすめの本です。

脳はまだ科学で解明されてないことも多く、最近の研究でわかったことも私たちはほとんど知りません。

現在の研究で脳についてわかっていることのうち、面白い・ワクワクすることをたくさん詰まった本です。

自動的に夢がかなっていくブレイン・プログラミング


「ブレインプログラミング」をご存知でしょうか?

簡単に説明すると、夢が叶う考え方を脳レベルで浸透させようという本で、引き寄せの法則を脳科学と交えて解説しています。

スピリチュアルと科学の融合を学びたい人におすすめの本です。

ビジネスに活かす脳科学


ビジネスに脳科学を最短で活かすための方法が書かれています。

とにかく実用的な脳科学を知りたい人におすすめの本です。

脳のワーキングメモリを鍛える! 情報を選ぶ・つなぐ・活用する


脳のワーキングメモリ(情報処理を司る部位)の機能を高めるための習慣について書かれた本です。

脳の一次記憶機能を高めることで情報と情報をつなげたり、複数の情報を整理して活用したりする能力を高めることができます。

絶対にミスをしない人の脳の習慣


こちらも同じくワーキングメモリを鍛える習慣について書かれた本ですが、「仕事でミスをしない」ということでより実用面で活用しやすくなっています。

脳の記憶や思考を整理して、仕事でミスをしない脳を手に入れたり人におすすめの本です。

まとめ

今回は「脳科学の勉強におすすめの本」について解説しました。

脳を育てると、仕事の効率が上がったり気分が良くなったりと、いろいろな面で人生が豊かになります。

認知症予防にも効果的なので、脳科学に興味のある方はこれを機会にまずは1冊読んでみてはいかがでしょうか?

特におすすめなのは最後に紹介した「絶対にミスをしない人の脳の習慣」です。

ぜひ一度読んでみてください。

では、また。

  • この記事を書いた人

mono

26歳♂首都圏住みの副業会社員/ギークでズボラないい暮らし/ADHD・HSP傾向/将来はサイドFIREでのんびり暮らしたい/楽天経済圏/リベ大生/インデックス・高配当株投資300万/お仕事の依頼はこちら

体調を整える メンタルケア

おすすめ本 脳科学

© 2021 monoblog