ACTのおすすめ入門本ランキング5選!【アクセプタンス&コミットメントセラピー】

2020-07-23

ACT(アクセプタンス&コミットメントセラピー)のおすすめ本5選!【DaiGo推薦書も紹介!】
mono
mono
こんにちは、monoです。

突然ですがみなさん、「ACT(アクセプタンス&コミットメントセラピー)」はご存知でしょうか?

ACTは認知行動療法の1手法で、「自分の不快な感情を受け入れ、負の事象に対してオープンなスタンスでいる考え方」のことです。

抑うつとした困難な気分を取り除くのではなく、むしろ「今この瞬間を大切にし、最善の行動へと導くことで、理想の未来を実現する」のが、ACTの基本思想です。

たしかにずっとクヨクヨしているよりは、気持ちを切り替えて新しい行動に移した方が明るい未来が待ってそうですよね。

というわけでは今回は、ACTの理解を深める上で、おすすめしたい本を5冊紹介します。

ACT(アクセプタンス&コミットメントセラピー)のおすすめ本5選

ACT(アクセプタンス&コミットメントセラピー)のおすすめ本を5冊紹介します。

よくわかるACT 明日からつかえるACT入門

よくわかるACT 明日からつかえるACT入門」は、ACTの考え方から実践方法まで、ACT初学者にもわかりやすく解説されている本。

ACTをこれから学ぶ入門者から、すでに現場で実践を積んでいる臨床家まで、幅広い人を対象にした1冊。

考え方としては「森田療法」と「マインドフルネス」を足したような考え方なので、これらの思想に共感できる人には特におすすめの本です。

幸福になりたいなら幸福になろうとしてはいけない マインドフルネスから生まれた心理療法ACT入門

「幸福になりたい」という欲求が、むしろ自分を苦しめていることに気づかせてくれる1冊。

現在の自分と、理想の自分のギャップばかり比べていては、いつまでたっても「今」に目を向けることができない。

未来を考えすぎて、今がおろそかになりがちな人におすすめの本です。

こころがふわっと軽くなるACT ガチガチな心を柔らかくするトレーニング

「幸せに満ちていて、いきいきとした生活を送る」ことを目的とした1冊。

難しい理論や概念を知るのも大事ですが、とにかく日々の幸福度を高めることにこそ、ACTを学ぶ価値があります。

ACTを全く知らない初心者向けに書かれた本なので、これからACTを学ぶ人におすすめの本です。

マインドフルネスと心理療法ACTでひらく人間関係

マインドフルネス的な考え方をベースに、ACTについて解説している本です。

「自分で変えられること(自分自身)」と「自分では変えられないこと(他人)」を分けて考え、自分で変えられることに目を向けようと教えてくれます。

他人に期待して、裏切られてを繰り返している人におすすめの本です。きっとこれまでと違う世界が見えることでしょう。

教えて!ラス・ハリス先生 ACTがわかるQ&A

ACTを実践する現場の臨床家・セラピストに向けて書かれた本です。

つまずきがちな問題・ケースを150個にまとめ、それらの対処法や解決策について詳しく解説しています。

ACT入門者というよりは、ACTを学び、すでに実践している人が、さらにスキルアップするのにおすすめの本です。

まとめ

今回は「ACT(アクセプタンス&コミットメントセラピー)のおすすめ本5選」というテーマについて解説しました。

ACTはダメな自分を受け入れ、そのままの姿で未来に進む思想です。理想の自分とのギャップに苦しむのではなく、今の自分のまま、少しでも前に進むために行動を起こしてみてはいかがでしょうか?

きっといつか、前に進んだ自分を実感できることと思います。

では、また。

メンタリストDaiGoのおすすめ本35選!著書21冊と推薦書14冊【2020年】

続きを読む

  • この記事を書いた人

mono

26歳♂首都圏住みの副業会社員/ギークでズボラないい暮らし/ADHD・HSP傾向/将来はサイドFIREでのんびり暮らしたい/楽天経済圏/リベ大生/インデックス・高配当株投資300万/お仕事の依頼はこちら

体調を整える メンタルケア

おすすめ本 メンタリストDaiGo

© 2021 monoblog